主流の火葬方法

お墓

ペット供養で行なわれる火葬の中で、今最も主流となっているのが合同火葬です。合同火葬は、他のペットと合同で火葬するタイプのことを言います。他のペット達と一緒に天国に見送りたい、という気持ちがあれば合同火葬がうってつけです。他の火葬方法に比べ料金が安めというのもメリットの1つと言えるでしょう。合同火葬の流れは非常にシンプルです。まず、葬儀社のスタッフにペットの遺体を渡します。スタッフを自宅に呼ぶことも可能ですし、葬儀社の指定した場所に直接持っていくことも可能です。遺体を引き渡したら、火葬に入ります。火葬が終わったら、合同墓地へ埋葬します。以上が合同火葬の主な流れです。合同火葬の注意点としては、お骨上げができないという点です。どうしてもお骨上げをしたいという方は、個別立会火葬を依頼しましょう。

ペット供養を行なっている専門業者のほとんどがペット専門のセレモニーホールを用意しています。また、火葬炉や霊園なども用意しているため、まるで人間の葬儀のような本格的な供養を行なうことができます。最近では、生花を飾ったり僧侶に読経してもらえたりすることも可能です。これらが基本料金に含まれているところもあれば、オプションとして用意されていることもあります。料金面は事前にしっかり確認しておきましょう。料金面やサービス内容や、各葬儀社のパンフレットや業者のサイト内に記載されています。もし不明な点や気になる点があれば確認しておきましょう。